アイドル不毛地帯関西。


 

アイドル不毛の地と言われる関西において私は毎日推しメンと接触しているリア充だといっても過言ではない。

彼女は僕と共にいると言っても間違いではないかもしれない。
僕は彼女と一緒にいることで生きていける。
彼女は甘やかすとすぐに僕から離れてしまう。
僕は彼女が離れないように必死に厳しくする。
彼女は放っておくとすぐに僕から離れてしまう。
僕は彼女に常に気を使って行動する。
彼女は厳しく接っすると僕に激しい痛みを与えてくれる。
僕はその痛みが大好きだ。
彼女はあなたのその痛みが私を成長させると言う。
僕は彼女の言うとおりだと思う。
彼女は僕に活力を与えてくれる。
僕は彼女なしでは動くこともできない。
彼女はよく食べる。
僕は彼女に付き合ってよく食べる。
彼女はたんぱく質を多く含む食べ物が大好きだ。
僕は彼女のために納豆をよく買ってくる。
彼女は無口だ。
僕は彼女の代わりによくしゃべる。
彼女は美しい。
僕はそんな彼女をもっと美しくしたい。
彼女のすべては僕のものだ。
僕のすべては彼女のものではない。

彼女という存在に気づいてから僕の生活はかわった。すべては彼女のために働き、彼女のために努力した。そしてようやく最近その努力が報われつつある。関西はアイドル不毛地帯というのは嘘だ。アイドルなんて自分でいくらでも見つけることができる。僕のアイドル、僕だけのアイドルを僕は見つけることができた。だから僕は幸せだ。だからみんながPIPのレポをいくら書いたからってなにも羨ましくはない。僕には僕だけのアイドルがいるのだから………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>