2014年ジャージャーハウスアイドル楽曲大賞


あけおめ!!

2014年12月31日、紅白にぶつぶつ文句を言いながら、ジャージャーハウス楽曲大賞を6人で話し合いました。

その結果を発表します。

 

決め方

6人で今年発表された曲から個人的に気に入った10曲を決めてうんぬんしました。

それでは早速どうぞ!

 

第10位 ”美人 on the Planet” asfi


渋谷発ストロングキュートなバラエティユニットが放った、2014年を代表するアッパー(沸ける)チューン。初期メンバーで実質的なプレイングマネージャとしても活躍し、2014年の3月に皆に惜しまれつつも暖かな祝福のなか卒業した渡瀬純(通称ジュンジュン 現・asfi終身名誉監督)へのリスペクトソングでもある(なお、同年にリリースされたALLOVER『はじまりの鐘が鳴る』も同様にジュンジュンへのリスペクトソングである)。作詞・作曲を手がけたドンボルカンさんの独特の世界観が遺憾なく発揮されたコアな一曲。サビでの振りコピからのパネパネは、初見の人でも思わず参加したくなる楽しさ。

第9位 “全力恋モヨウ” Niimo


大分のロコドルNiimoの初の全国流通CD。ねおたむがかわいい(迫真)

 

第7位”閃光ライダー” 流星群少女


福岡のロコドル。諸事情によりメンバーが一新されたりされなかったりしてからの初めてCDになった曲。

 

第7位 “レシピ” JK21


上記YouTubeは、2014年のTIFスマイルガーデンでの映像。オタク同士の肩組みで巻き起こる砂埃がスマイルガーデンを包み込むクライマックスがエモい。

 

第6位 “ラブラドール・レトリバー” AKB48


選抜メンバーverとチーム8 verでは差がありすぎる。「初めてのキスをしようよ」だと? 嘘をつくな!(選抜メンバーに向けて)

 

第5位 “未来少年少女” KOBerrieS♪


西の楽曲派。

 

第4位 “47の素敵な街へ” AKB48 team8


AKB48team8初のオリジナル曲。チーム8ヲタはリクアワでこれに票を集めるらしいよ。

 

第3位 “桜BABYラブ” ALLOVER

秋葉原調査隊ALLOVERによる、いわゆる「桜ソング」。秋月ゆめが新センターに抜擢された。同グループの中心的なメンバーの卒業とセンター交代を肯定的に捉え返す歌詞が秀逸。プロデューサーが直接楽曲の歌詞を手がけるアイドルグループはAKB48やPIPをはじめとして珍しいものではないが、グループ運営におけるマネジメントの一巻として、そしてファンコミュニティで流通する物語らしきものの調整として、歌詞を機能させているところは多くない。

第2位 “制服の羽根” AKB48 team8

↑の動画は名古屋での初披露。なのに、めっちゃ沸く8ヲタ。

第1位 “シリウスの彼方” KOBerrieS♪


曲を流しながら記事を書いているのですが、みんな自然と歌い出します。「頭ならとっくに変さ 幻でも構わない」ってエモすぎる。

ランク外だけど上がった曲

“食らえ 魂の一杯” 青春トロピカル丸
“ヒロイン革命” siam & poptune
“宇宙かくれんぼ” 小池美由
“小悪魔!?堕天使” パピヨ de マルシェ
“時を超え 空を超え” モーニング娘。’14
“お願いねスマにゃん” ALLOVER
“Byuuuuuuuun!!” Jumpin’
“序曲” 3776
“はじまりの鐘が鳴る” ALLOVER
“好きになってよかった” 加藤いづみ
“めっちゃいっぱいはしゃいじゃYeah” すぷらっしゅレボリューション
“pride” lyrical school
“あの娘が、髪を、切らない理由” アイドルカレッジ
“けったこぐ” dela
“抹殺ロック” nanoCUNE
“ギミチョコ” BABYMETAL
“クマトナデシコ” あゆみくりかまき
“VICTORY” オレンジポート
“マワルセカイ” 夢みるアドレセンス
“エイティーンエモーション” スマイレージ
“Together” Cheeky Parade
“何度目の青空か” 乃木坂46
“初めてを経験中” Juice=Juice
“一発逆転下克上” 流星群少女
“4の歌” BABYMETAL
“おへその国からこんにちは” ハロプロ研修生
“絶対ストロンガー” PLC

 

最後に

ジャージャーハウスのランキングはこんな感じです。

来年をお楽しみに!今年もよろしく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>