作成者別アーカイブ: 原田遊民

原田遊民

原田遊民 について

アイカレ齋藤綺咲推し。Niimoのねおたむに心を奪われている。

PIPソート


PIPソート

元のソートはモベキマスソート様よりお借りいたしました。画像素材はPIP様のホームページ上のプロフィール写真を使わせていただきました。ありがとうございます。
問題のある場合は連絡いただけましたらすぐに対応します。

PIP5

PIP第5回定期公演レポだよ!!


新宿タワレコ、あゆみくりかまき→竹橋マイナビオフィス、お受験アイドルStudy☆Stars projectからの新富町、PIPへ。

竹橋のマイナビオフィスを出るとき雨が降っていてタクシーを捕まえようとするも捕まらず。結局新富町についたのは16時半を過ぎたころで見事に遅刻。入場順1番を持ってたのに…。
会場に入るとすでに立ち見最後列まで人がいっぱい。100人超えていたと思う。
この日は工藤千里さんと鈴木伶奈さんが欠席でした。

セトリ

続きを読む

PIP山下緑というアイドルについて


僕は今週PIPについて何か書こうという気はなかった。すでに僕の書きたいことはすべて書かれていたし、これ以上書くものもなかったからだ。

しかし僕は今から書かなければならない。
山下緑のことだ。

先週日曜日に行われたPIP第3回の定期公演。彼女の文章が話題になった。だが正直僕にはピンとこなかった。いや、正確には理解できなかった。
確かになんかすごい。でもなんかすごいというだけでもてはやすのは、かつてAKB峰岸の坊主騒動の時なんか不気味だというだけでAKBを批判していた悪意ある傍観者たちと変わらないと思った。
だからこの時僕は周囲の熱狂に馴染めなかったし彼女に対しても興味がわかなかった。

しかし昨晩twitterで彼女のこの文章を見てしまった。

BrnUn0-CAAEYxb5

震えた。あまりのことに精神が動揺し、自身の退行を止めることができなかった。それからひたすらアリス十番のアリスのロッキン・ホラー・ショーを何十回もヘドバンしながらリピートし、外が明るくなりはじめてやっとヘタヘタとこの文章を書いている。

1987年の下半期、芥川賞を受賞したのは池澤夏樹のスティル・ライフだった。その中にこんな文章がある。

“雪が降るのではない。雪片に満たされた宇宙を、ぼくを乗せたこの世界の方が上へ上へと昇っているのだ。静かに、滑らかに、着実に、世界は上昇を続けていた。

雪が降るのではない、世界が上昇しているのだ。
自身と外界との規定が変わるとき、その鮮烈な体験は体験した本人にしかわからない独特な表現を持って世界に提示される。

そして彼女もまたそれを表現した。
今までの自分とアイドルとしての自分。自身と外界との規定が変わるとき、彼女は心臓の鼓動が速くなったのではない、上半身の器官が何度も熱く、痛くなったのだ。
この表現こそが彼女がアイドルになったことを何よりも如実に示していた。

そして僕はあの公演の日、一人の女の子がアイドルになった瞬間に立ち会っていたのだ。
どうにかしてそのことを書き残しておきたかった。

Bqv375OCcAA2_zW

PIP2度目の公演 初恋サイダーと僕


昨日6月22日PIPの2度目の公演が行われた。2度目?いやいや、やついフェスがあったから3度目だろというつっこみを入れる方がいるかもしれない。しかし、やついフェスは出演が決まったのがチケット完売後だったため入れなかったオタのほうが圧倒的に多い。あのイベントに入ったなどとしたり顔で話しているオタがいたならばそれは9割9分9厘半オタ関係者なので現場で見たらつまみ出そう。というわけでPIP2回目の公演で感じたことを書いていこうと思う。ただしセトリや公演の流れがレポられるのを期待している方には期待外れの内容だと思う、そういうのを読みたい人はコチラがオススメ!

続きを読む

junjun1

2014年上半期、気になったアイドル楽曲


2014年もぼちぼち半年が過ぎアイドル界でも結構な数の楽曲が発表されたので今年のアイドル楽曲大賞に向けて気になった楽曲をいくつかメモ。音源がもう発売されているものに絞っています。
ちなみに僕の個人的アイドル楽曲大賞2013はCheeky ParadeのC.P.U !?と愛乙女☆DOLLの蒼い空を望むならでした。

続きを読む

BqO1yD1CcAAzf0T

「PIP:Platonics Idol Platform」お披露目イベ


ジャージャーハウスの代表からなんか記事上げろとの強い圧力を受けたので先日のPIPお披露目イベのレポ。

濱野智史さんプロデュースのアイドルユニットPIP(Platonics Idol Platform)のお披露目があるということで6月15日に田町にあるSHIBAURA HOUSEへ。どうやらこの建物、プリツカー賞も受賞したSANAAという建築ユニットによる建築クラスタ垂涎の構造物だったらしいが僕のようなクソアイドルオタクには豚に真珠、猫に小判、twinboxでクラッシックコンサート、原田遊民にプリツカー賞である。

会場に着くと遠くからでもわかるくらいの行列が。す、すげぇ…。そのうえよくよく確認すると、中森明夫さん、栗原裕一郎さん、黒瀬陽平さんらの姿も。ホントにここでアイドルイベなんかやるのかとビビっていたらロマン優光さんが来ているのに気付き何故か安心してしまった。その後はオタも増えはじめ48オタの年配の方や若いオタもちらほらといった感じ。

続きを読む